Projetct Palm 2 挑戦 ──山田達司とPalmOS日本語化計

201.jpg

現代の携帯電話につながる携帯情報端末の元祖「Pilot」。このPDAを日本に普及させるために奔走した男たちの物語!

著者:伊藤正宏

価格:450円

iTunesで購入

立ち読み版をダウンロード

パソコン並みに高機能化した携帯電話につながる「手のひらの電子端末」の源は、1996年に発売された電子端末「Pilot」にまで遡る。本書は、 Palm OSマシンファンのためのエンターテインメントWebマガジン「パーム航空」や、「iPAL Magazine」の運営者である「機長」が、その理想のハンドヘルドコンピューターを追い求めた男たちの物語として書き下ろした作品。出版までに実に 10年の月日を費やし、満を持して電子書籍化! この第2巻では、日本におけるPalm OSマシンの運命を追う。Pilotは欧米で一大ブームを巻き起こしたが、その日本語化や普及にはさまざまな困難が待ち構えていた…。

関連する記事:

Comments are closed.