デジタルブックのある暮らし(4)

技術評論社 元モバイルプレス編集部
田中秀春さん

(1) 何を使って読んでいるの?

914-1.jpg

携帯電話か、ザウルスです。携帯電話は、電車の中での読書に便利ですよ。以前はVodafoneのJ-SH53を使っていましたが、これで電子書 籍にハマったんです。携帯電話って、起動が早いし、電車の中でも取り出しやすいでしょう。ザウルスはたしかに読みやすいんですけど、今ぼくが持っている SL-C3000はちょっとサイズが大きいんですよ。こうやって片手で持って読むんですが、長時間の読書だとちょっとつらいですね。それに、ザウルスだと 電源を入れて起動し、ブンコビューアを起動して…と、ちょっと操作が面倒。携帯電話は、当たり前だけどいつでも電源が入ってるから、すぐに使えていいです ね。今使っているのは、Vodafoneの902SHです。これに、今はザウルス文庫で購入した書籍が24冊入っています。
ザウルスも持ち歩いていますが、これには3800冊の本が入っています。これ、実はモバイルプレス2004秋号に添付されたCD-ROMのデータで、 「青空文庫」の全テキストデータなんです。本当のこというと、ぼくがこれをやりたかったんでCD-ROMの企画を立てたんですよ(笑)。ファイルサイズの 合計は、全部で約115MB。SSL-C3000のハードディスクは4GBなんで、余裕で入ります。
あと、今ちょっと試しているのが、Vodafoneの702NKです。メインの携帯電話は実はこれなんですが、ブンコビューアがないので902SHと併 用してます。702NKのおもしろいところはいろいろとカスタマイズができて、アプリケーションを追加できる点です。ReadMというブックリーダソフト を使えばPalmのDOC形式のデータを読むこともできます。小さいフォントを用意してフルスクリーンで読めば、なかなかいい感じです。

(2) どういう時に読んでいるの?

914-2.jpg

毎日の通勤電車の中です。通勤時間は、およそ1時間半。乗り換えもありますが、座っている時間が比較的長いので、読書に最適です。でも、小説を一冊 しっかり読むのには適していないような気がします。どちらかといえば、雑学系とか小ネタとか実用とか。そういうジャンルの本が、電車内読書にはむいている ように思います。

(3)3800冊の本を持ち歩くメリットは?

たとえば旅行中とか、これだけ本があれば安心ですよ。どこにいったとしても、まず退屈することはない。夏目漱石とか、中学生のときに読んだ本を読 み返すと面白いですよ。あのときはよくわからなかったことも、今ならわかる。ぼくは基本的にデータを持ち歩くのが好きで、テキストデータはいろいろ持ち歩 いています。読書家というより、どちらかといえばコレクターに近い感じ。常にいろいろ持ち歩き、人に見せたりするのが好きなんです(笑)

(4)お勧めタイトルがあれば、教えてください。

まずは、『身近なことばで引ける日常英語表現ハンドブック』。電車の中で軽く読むのに、英語の教材はちょうどいいです。好きな時に好きなところか ら始められる自由さがいい。自然とスキルアップしていくというのがいいですね。この本は、マスク機能がついているから、繰り返し学習に便利です。マスク機 能は携帯電話でも使えますから、ちょっとした時間を利用して勉強できますよ。
二冊目は、『知的ゴルフのすすめ』。これはまあ、ぼくの趣味がゴルフだから。電子書籍にゴルフの本って、それほどたくさんないんですよ。これは結構古い 本なんだけど、とても面白く、またためになりました。特に、独自のトレーニング法やメンタル面での話が役立ちました。こういう本は、一度読んで終わりとい うものではなく、コースを回った後にもう一度確認の意味で読んでみたりします。
最後の一冊は、『身近な人に「へぇ〜」と言わせる意外な話1000』。こういう雑学系の本は、電車の中でのちょっと読書にとても向いていると思います。