デジタルブックのある暮らし(6)

思ったより、読みやすいんですね。

ミュージシャン
高川 善和さん

916-1.jpg

今回、都内ライブハウスなどで活躍中のミュージシャン、高川善和さんに初めて電子書籍を使っていただき、感想を聞いてみました。

Q: ではまず、クリエでマイカ文庫で出版した「自腹でゴー」を読んでみてください。

高川: はいはい。…あ、思ったよりも読みやすいですね。うん、これなら全然読める。ぼくはパソコンの文字は読 めないんですよ。なんか読みにくくて。でもこの文字だったら大丈夫ですね。縦表示になるのがいい。日本語はやっぱり、縦表示が読みやすいですね。ところで この本、本屋さんで売ってるんですか?

Q: これは違いますが、そういうのもあります。話題になった「蹴りたい背中」も、電子化されていますよ。

高川: すげえ。本屋で売ってる本を、これで読めるんですか。どうやって買うの?

Q: インターネットでも売ってるし、携帯電話だったら公式サイトから販売サイトにいけますよ。

高川: そうなんですか。ぼくの周りの人間は誰もそんなことやってないので、知らなかったな。

Q: みなさん、携帯で本読んだりしてないですか。

高川: ないですよ。携帯では話をするか、メールするか。あと、ライブのチケットを買うとか。まあ、その程度ですね。

Q: じゃあ、今度は携帯電話で読んでみてください。

高川: あー、こんな風になるんですね。うーん、読めなくはないですけど、さっきのクリエのほうが見やすいです ね。(しばらく読んでみて)あ、でもこれでも全然大丈夫ですよ。思ったより読みやすいです。やっぱり縦書きだからかな。…写真も入ってるんですね。写真が 入るのは、いいですね。

Q: どうですか。使ってみて、これだったら使ってみたいとか思いますか。

高川: そうですね。これならやってみたいとは思いますが、どうやってこの本を買って、携帯で何をすれば読める のかってことがわからない。たとえばそれをマニュアルで解説してもらったとしても、ぼくは多分そのマニュアルを読まないんですよ(笑)。周りにやっている 人がいれば、その人に教えてもらって、少しずつやれるようになるのかもしれませんが…。

Q: ではそれができるようになったとして、紙の本と電子書籍、どっちがいいですか?

高川: こっちのほうが安いんでしょ(笑) だったら電子書籍ですよ。場所もとらないし。ただね、物として持っ ていたい、というような気持ちはありますよね。やっぱりMP3みたいな音楽データよりCDっていう感覚もあるんですよ。好きなアルバムは、ジャケットや歌 詞カード、ライナーも読みたい。そういうのはありますね、確かに。

Q: なるほど。それはもしかすると、紙の本でもあるかもしれませんね。好きな本であれば、文庫よりハードカバーみたいな。

高川: そうですね。でも本に関しては、電子書籍が想像以上にいいってことはわかりましたよ。クリエ…でしたっけ。それが簡単に使えて携帯電話くらいの値段だったら、欲しいかもしれない。

Q: 最後に、高川さんお勧めの本を教えてもらえますか。

高川: 「生きるヒント」(五木寛之)。これはね、日常生活で特に意識していなかったけど、なんとなく違和感を 感じていたようなことがパッとわかるようになる、見えてくるという、そういう本なんですよ。これを読めば、ものの見方が変わるというか、すーっと楽になる というか。タイトル通り、「生きるヒント」になります。読んだほうがいいですよ、これ。

Q: ありがとうございました。

【高川善和プロフィール】
「一世風靡」解散後に、ソロ活動を開始。精力的に都内ライブハウスや路上ライブをこなし、今だ忘れぬ青春の応援歌を歌い続ける。テレビ東京系アニメ「無限のリヴァイアス」のキャラクターソングを提供し、現在2枚のアルバムと1枚のマキシシングル、ミニアルバムを発売。